未見の我へのたび

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅田次郎トーク&サイン会

<<   作成日時 : 2013/12/14 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

12日「黒書院の六兵衛」発刊記念のトーク&サイン会に参加してきた。

八重洲ブックセンター 18:30〜 参加者100名程度

1時間はトークタイム。
浅田次郎氏の雄弁は一昨年の国際フォーラムでの講演会で経験済み。
1時間では物足りない様子であったが、江戸時代の参勤交代や江戸城の中の話など興味深い話だった。
その合間合間に自らの経験を踏まえ、「書店でこれはという本に巡り合ったら食事を我慢してでも買いなさい」など貴重な話をしていただいた。
トークの後はサイン会。
前の席から順番に先生の前へ。
あらかじめ自分の名前を整理券に書いておいたので、それを見て各自の名前と浅田次郎のサインをする。
中には遠方から来たという人にねぎらいの言葉をかけ、半世紀ぶりの再会ですと一緒に写った写真を差し出すと懐かしいですねなどと言葉を交わす光景が見られた。
自分の本にサインをしてもらい、会場を後にすると20時になっていた。
このペースで最後までやったとすると閉店の21時に間に合ったかは疑問である。
浅田次郎氏は自分のエッセイの中で新しい本が出るとサイン会や講演会をやらなくてはいけないので大変だ、などと書かれているがどうしてどうして楽しまれているようにしか見えない。

昨年は5冊、今年は2冊の著作を読んでいるが、時代物と中国の時代小説は今まで読めないでいた。
現在「黒書院の六兵衛(上)」を100ページまで読んでいるが、これがなかなか面白い。
今回このミニトークショーに参加できたこともあり、時代小説という壁を超える事ができそうだ。
めでたし、めでたし…。

画像



黒書院の六兵衛 (上)
日本経済新聞出版社
浅田 次郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒書院の六兵衛 (上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然すみません。
来週24日 新刊が 発売されるので
ひょっとして サイン会が あるかしら?と
検索してみましたとこと
貴方さまのBLOGに たどりつきました。
わたくしも 浅田作品のファンであります。
すべての作品は 存じ上げてございませんが。
天切り松シリーズが 大好きであります。
黄不動さんの 結核が 治癒したのか
気になります。
寒い季節が 続きますので。
お身体 ご自愛くださいませ。
初めまして。おじゃまします。 しまうまう...
2014/01/17 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅田次郎トーク&サイン会 未見の我へのたび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる